スポンサードリンク

黒糖以外の10円まんじゅう

10円まんじゅうで黒糖以外のものは、きららが二〇〇五年末から1つ10円の大福を扱っていましたが、二〇〇六年十二月には“元祖”のさくら小福も10円大福の販売を始めました。そして三月下旬に草餅タイプも販売を開始。

和ふ庵も三月から、直営七店に限りで桜餅タイプの「桜ふぶき」を売り出しました。そして江戸うさぎも今年初めて、春季限定メニューで「よもぎ白糖二色まんじゅう」を販売したのです。

中華料理店向けの点心の製造が専門の「まんテン」も4月からは抹茶の生地で造った「茶まんテン」を売り出しました。全くの異った業種からの参入の様に思いますが元々饅頭は中国からきたのですものね。

「和菓子は常日頃から食べるには値段が高すぎる」と洋菓子に押され気味だった和菓子。この問題意識から10円まんじゅうは生まれました。落ち込んでいた和菓子の世界に新たな息吹を吹き込んだ様ですね。私達にとっては安価で和菓子を食することが出来、大歓迎です。

しかし日々激しくなる10円まんじゅう競争ですが、「淘汰は意外と早く始まるかもしれない。確実に生き残れるのは数社だけ」という関係者の声もある模様です。まんじゅうの生き残り合戦を賭けて、10円まんじゅう競争と商品開発はこれからもも続くのでしょう。
posted by 10円まんじゅう at 17:53 | 人気の10円まんじゅう

10円まんじゅうの陰の仕掛け人

今話題の「10円まんじゅう」のパイオニアといえるのが、栃木県足利市が本拠の「さくら小福」です。以前よりずっと10円の黒糖まんじゅうのみを販売してきたのです。

暫くは特に競合店もなく、ある意味で平和に商売をしてきました。しかし二〇〇五年に和ふ庵が一号店をオープンして以降、10円まんじゅうの参入ラッシュの波が訪れたのです。

二〇〇五年に10円まんじゅうを始めたのは和ふ庵だけではありません。その夏には和菓子店を経営する「きらら」が江戸川区の上篠崎に出店しました。

十二月には「福丸饅頭」が台東区の谷中に、「江戸うさぎ」が荒川区の西日暮里にそれぞれ出店。きららや江戸うさぎは10円まんじゅう専業ではなく、菓子店の品ぞろえの一つとして扱っています。

10円まんじゅう各社は、首都圏以外の地方にも進出を目指しています。
関西や北陸等にも、独自に10円まんじゅうを手掛ける和菓子店はあるのですが、今年以降は「首都圏発」の店が地方に進出していく事になりそうです。

10円まんじゅう七社「きらら」、「和ふ庵」、「小饅寿本舗」、「さくら小福」、「福丸饅頭」、「江戸うさぎ」、「まんテン」の10円まんじゅうを比べてみました。

何れも10円とは思えないボリューム感で、小さいからと何個も食べるとすぐお腹が一杯に。個体差もありますが、「さくら小福」「きらら」「福丸饅頭」は饅頭生地のふっくら感が強く、サイズも心持ち大きいです。「まんテン」は小ぶりだけどふっくら感は強いように思います。

参照記事
http://trendy.nikkei.co.jp/special/index.aspx?i=20070315t2000t2
posted by 10円まんじゅう at 17:38 | 人気の10円まんじゅう

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。