スポンサードリンク

1日2万個売れる10円まんじゅう

10円のまんじゅうの人気の秘密は、解かり易くインパクトのある安い値段と、「10円なのにこんなにオイシイ」という嬉しいギャップ。五十個買っても五百円なんです!

東京の下町や千葉県を中心に、複数の会社が「10円まんじゅう」に進出、ちょっとしたブームの波が押し寄せています。

ブームを先頭をいくチェーンの一つ「和ふ庵」では一日二万個売れる10円まんじゅう、一人平均六十個買って帰るのだそうです。

時間帯によっては行列が出来る店も多く、スーパーの食品売り場や催事場で売られる事も増えています。

しっとりしたモチモチの皮はほのかに黒糖の味がし、餡もなめらか。一度に何個も食べられます。

この10円まんじゅうの当初の目標は地域に住む年配の方がターゲットだったのですがお客の年齢層は予想外に広く、学生や若い主婦達も買いにくるそうです。

洋菓子と比べ和菓子は低迷する時期が続いていましたが、この10円まんじゅうの人気は全国に波紋を広げています。

なお和ふ庵では現在のところ東京の浅草、柴又駅前、巣鴨を初め、そして千葉、埼玉、神奈川等の関東中心なんですが今後、大阪、神戸等の関西へそして全国展開も近い将来に実現するかも。

ネット販売、通販による取寄も出来る様です。(楽天市場)
posted by 10円まんじゅう at 18:32 | 10円まんじゅうの魅力
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。