スポンサードリンク

1日2万個売れる10円まんじゅう

10円のまんじゅうの人気の秘密は、解かり易くインパクトのある安い値段と、「10円なのにこんなにオイシイ」という嬉しいギャップ。五十個買っても五百円なんです!

東京の下町や千葉県を中心に、複数の会社が「10円まんじゅう」に進出、ちょっとしたブームの波が押し寄せています。

ブームを先頭をいくチェーンの一つ「和ふ庵」では一日二万個売れる10円まんじゅう、一人平均六十個買って帰るのだそうです。

時間帯によっては行列が出来る店も多く、スーパーの食品売り場や催事場で売られる事も増えています。

しっとりしたモチモチの皮はほのかに黒糖の味がし、餡もなめらか。一度に何個も食べられます。

この10円まんじゅうの当初の目標は地域に住む年配の方がターゲットだったのですがお客の年齢層は予想外に広く、学生や若い主婦達も買いにくるそうです。

洋菓子と比べ和菓子は低迷する時期が続いていましたが、この10円まんじゅうの人気は全国に波紋を広げています。

なお和ふ庵では現在のところ東京の浅草、柴又駅前、巣鴨を初め、そして千葉、埼玉、神奈川等の関東中心なんですが今後、大阪、神戸等の関西へそして全国展開も近い将来に実現するかも。

ネット販売、通販による取寄も出来る様です。(楽天市場)
posted by 10円まんじゅう at 18:32 | 10円まんじゅうの魅力

冷凍だけどおいしい!

10円まんじゅうをネットで販売しています!

香港厨師会が10円まんじゅうをネット販売を開始しました。

蒸したまんじゅうを冷凍保存する技術を開発し、クール宅配便で配送、家庭で常温で解凍すれば、そのまま食べられる様になったのです。

天然酵母で生地を発酵させて、里芋を混ぜ合わせ、純国産の材料にこだわったのも売り。配送料金はかかるのですが、「おいしい10円まんじゅうが全国で食べられる様になる」と社長は云っています。

黒糖のまんじゅうに加えて、抹茶の香りの「茶まんテン」、同じく10円の一口肉まん「肉まんテン」があり年内には五種類の10円まんじゅうを売り出す予定らしいです。楽しみですね。

インターネットの販売で人気もすごく品切れになる事もあった様です。
もし興味のある方は「厨師会のまんテン」をネットで検索してみてください。

その他インターネットで購入出来る10円まんじゅうとしては

楽天市場から
・出羽国黒糖まんじゅう(会社が二つ位ありました)
・アンジュドールの薄皮まんじゅう(白・黒糖・蓬の3種類で、種類は選べない)

これ位でしょうか。「和ふ庵」では通販はしないとの事ですが
これから他の会社でもネットで購入出来る様になるかも知れませんね。
posted by 10円まんじゅう at 18:18 | 10円まんじゅう ネット販売

関西にもあった10円まんじゅう

10円まんじゅうが関西にもあったのです!ついに発見しました。神戸にです。

神戸高速鉄道高速長田駅を降りて直ぐ、神戸長田区の長田神社前の商店街にその10円まんじゅうを売る店はあったのです。
そこは10円饅頭として六甲で行列を作る「まんや」さんの長田店だったのです。

まだ出店して間もないお店ながら、評判が評判を呼び時間帯によってはやはり行列も出来るとか。今の時代何より強力と言われている、いわゆる“クチコミ”ってヤツですネ。地元の人々に愛される「まんや」さんのでした。

一口サイズの可愛さとその価格の安さに注目です!由緒ある長田神社の参道にある、製造直売の和菓子屋さん。黒糖風味の生地に包まれたこしあんまんじゅうは、なんと直径にして3cm程度のミニサイズ。甘さはごく控えめ、生地のモチモチ感もたいしたものです。日持ちもしますが、温かいのをを食べて頂くのがモットーなんだとか。

こんなに安価で黒糖の味もしっかりしてるしアンコも甘すぎずいい感じ。
とにかく美味しいので大人買いされる人も多い様です。
夕方に売り切れちゃう事も度々だって。
冷やして食べるのもよし、出来立てホカホカもよし。

『まんや』 神戸市長田区長田町1-3-1 サンドール長田南館131号  Tel 078-612-2660  日曜定休
posted by 10円まんじゅう at 18:05 | 10円まんじゅうの魅力

黒糖以外の10円まんじゅう

10円まんじゅうで黒糖以外のものは、きららが二〇〇五年末から1つ10円の大福を扱っていましたが、二〇〇六年十二月には“元祖”のさくら小福も10円大福の販売を始めました。そして三月下旬に草餅タイプも販売を開始。

和ふ庵も三月から、直営七店に限りで桜餅タイプの「桜ふぶき」を売り出しました。そして江戸うさぎも今年初めて、春季限定メニューで「よもぎ白糖二色まんじゅう」を販売したのです。

中華料理店向けの点心の製造が専門の「まんテン」も4月からは抹茶の生地で造った「茶まんテン」を売り出しました。全くの異った業種からの参入の様に思いますが元々饅頭は中国からきたのですものね。

「和菓子は常日頃から食べるには値段が高すぎる」と洋菓子に押され気味だった和菓子。この問題意識から10円まんじゅうは生まれました。落ち込んでいた和菓子の世界に新たな息吹を吹き込んだ様ですね。私達にとっては安価で和菓子を食することが出来、大歓迎です。

しかし日々激しくなる10円まんじゅう競争ですが、「淘汰は意外と早く始まるかもしれない。確実に生き残れるのは数社だけ」という関係者の声もある模様です。まんじゅうの生き残り合戦を賭けて、10円まんじゅう競争と商品開発はこれからもも続くのでしょう。
posted by 10円まんじゅう at 17:53 | 人気の10円まんじゅう

10円まんじゅうの陰の仕掛け人

今話題の「10円まんじゅう」のパイオニアといえるのが、栃木県足利市が本拠の「さくら小福」です。以前よりずっと10円の黒糖まんじゅうのみを販売してきたのです。

暫くは特に競合店もなく、ある意味で平和に商売をしてきました。しかし二〇〇五年に和ふ庵が一号店をオープンして以降、10円まんじゅうの参入ラッシュの波が訪れたのです。

二〇〇五年に10円まんじゅうを始めたのは和ふ庵だけではありません。その夏には和菓子店を経営する「きらら」が江戸川区の上篠崎に出店しました。

十二月には「福丸饅頭」が台東区の谷中に、「江戸うさぎ」が荒川区の西日暮里にそれぞれ出店。きららや江戸うさぎは10円まんじゅう専業ではなく、菓子店の品ぞろえの一つとして扱っています。

10円まんじゅう各社は、首都圏以外の地方にも進出を目指しています。
関西や北陸等にも、独自に10円まんじゅうを手掛ける和菓子店はあるのですが、今年以降は「首都圏発」の店が地方に進出していく事になりそうです。

10円まんじゅう七社「きらら」、「和ふ庵」、「小饅寿本舗」、「さくら小福」、「福丸饅頭」、「江戸うさぎ」、「まんテン」の10円まんじゅうを比べてみました。

何れも10円とは思えないボリューム感で、小さいからと何個も食べるとすぐお腹が一杯に。個体差もありますが、「さくら小福」「きらら」「福丸饅頭」は饅頭生地のふっくら感が強く、サイズも心持ち大きいです。「まんテン」は小ぶりだけどふっくら感は強いように思います。

参照記事
http://trendy.nikkei.co.jp/special/index.aspx?i=20070315t2000t2
posted by 10円まんじゅう at 17:38 | 人気の10円まんじゅう

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。